ブログ

5月5日の「端午の節句」がなぜ「子どもの日」になったのか

本日、5月5日は端午の節句であり、そして子どもの日です。
素朴な疑問として、なぜ、端午の節句が子どもの日なのでしょうか。
もともと「端午」というのは、「月の端(はじめ)の午(うま)の日」であり、5月に限りません。
ただ、5月が「午(うま)の月」でもあり、そして「午(ご)の日」が「5の日」に通じ、奇数が重なるめでたい日であることから、「端午」といえば5月5日をさすようになったようです。

中国では、この時期は雨期に入る時期であり、病気や災厄を祓う大切な行事がこの日におこなわれるようになりました。
ちょうど盛りを迎える菖蒲や蓬が邪気を祓うとされるため、蓬で作った人形を飾ったり、菖蒲酒を飲んだり菖蒲湯につかったりしたそうです。

この中国の風習が日本にも伝わり、平安時代には「端午の節会(せちえ)」という宮中行事がおこなわれるようになりました。
また、昔は田植えは神聖な行事とされており、「早乙女」(若い清らかな女性)がおこなうものとされていたそうですが、田植えを間近にひかえたこの時期に、「物忌み」(不浄を避けて心身を清める)をするようになりました。
ここに「端午の節句」が結びつき、女性のためのおまつりとされるようになりました。

しかし、武士の世の中になってくると、菖蒲が「尚武」や「勝負」に通じることから、兜に菖蒲を飾ったり、流鏑馬をしたりするなど、男のまつりに変化していきました。
江戸時代になると、5節句の1つに定められ、男の子が強くたくましく育つように願う行事がおこなわれるようになりました。

そして現代では、「国民の祝日に関する法律」(昭和23年制定)の第二条のなかで、「こどもの日 五月五日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。」と定められ、端午の節句は男女の別なく、「こどもの日」とされたのです。
とともに、この法律の条文の最後には「母に感謝する」とあります。
つまり、本日こどもの日は、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかる」とともに、「母に感謝する」日である、と法律で定められているわけです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP