ブログ

雨の中の憲法記念日街頭演説会

本日は、昨日から降り続く雨で、関東南部は大雨洪水警報が出されましたが、さいたま市南区では、浸水や洪水の心配はさほどありませんでした。
それでも、一部の地域では水路の水位があがって、もう少し強い雨が続いたら氾濫する危険性のある場所もあり、警戒が必要でした。

松本の水路

また、豪雨が降ったら池のような水たまりができてしまう、という苦情を寄せられている場所にも行って、実際に見てみましたが、その場所は、さほど大きな水たまりができておらず、ひとまず安心しました。
そうした雨の中、本日は65回目の憲法記念日であり、公明党さいたま総支部としても、憲法記念日の街頭演説会を浦和駅東口で開催しました。
これには、次期衆院選の北関東比例区の予定候補者である輿水恵一さんと、来年の参議院埼玉選挙区の予定候補者である矢倉克夫さんが加わり、それぞれ力強く決意や政策を訴えました。

浦和東口街頭

街頭が終わったあとも、雨が降り続いていたので、雨でぬかるみやすい私道を見に行ったり、南区内の各地を見て回りました。
雨足がやや弱くなって小ぶりになってきたので、もう浸水や洪水の危険は薄らいだようです。
しかし、雨模様がどうなるのか怠りなく見守っていきたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP