ブログ

集団的自衛権は認められない

安倍首相は、集団的自衛権への道を開くために、有識者会議「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(座長・柳井俊二元駐米大使)を開き、集団的自衛権の行使を明記する「国家安全保障基本法」の制定を提言する方針であるといいます。
それに対し、公明党の山口那津男代表は、「集団的自衛権についてはこれまでの政府の見解を支持する(憲法では禁じられているという解釈)」と記者会見で明言しました。
それはまったく正しいと思います。

ところが!
そのテレビ報道のなかで、わが公明党の中から「連立政権を組む自民党への配慮をすべき」ということが、報道されていました。
それは看過できない重大なことであり、ことの真偽を明らかにしなければならないと思います。
わが公明党は、平和主義を貫く政党です。
そして、個別的自衛権は認めても、集団的自衛権を認めることはありえません。
それを認めることは、憲法9条の「戦争放棄」の条項を改正することにつながります。
そんなことは、絶対に認められません。
私は、このことは、声を大にして叫び続けていきたい。
この問題については、いかなることがあったとしても妥協するようなことは、絶対に認められません。

PAGE TOP