ブログ

防災セミナー、健康フォーラム、そしてあいさつ回りの一日

本日は、地元の自治会館でさいたま市の防災アドバイザーによる防災セミナーがありました。
大地震が起こったとき、家の中の家具はどうなるのか、そして、地震の揺れにどう対応するのか、火災防止のためにすべきことや、さまざまなことを学びました。
実際に災害が起こったとき、家族との連絡の取り方や、備蓄品はどうするかなど、さまざまなことを想定しておいて、「いざというときのために備える」ことがいかに大切かを改めて痛感。
(写真は、セミナーの終了前に私があいさつする場面)

自治会館で

家族で「災害にあったとき、どうするか」を話し合うことは、本当に必要です。
午後は、以前の申し込んでおいたさいたま市のイベントである「健康フォーラム2011 ウォーキングを始めよう」に参加しました。
会場であるラフレさいたまは、新都心駅にあるので電車で行きました。
まず最初に、タレントの森脇健児氏が、アスリートとしての自らの経験を披歴しながら、講演というより、楽しいお話しをうかがい、そのあと、清水勇人さいたま市長をはじめ、新潟市長、佐久市長の3人の市長と、森脇健児氏がパネラーとなり、宮地元彦・国立健康栄養研究所・健康増進部長がコーディネーターとなって、パネルディスカッションがありました。
そのあと、参加者と森脇健児氏が一緒に大宮区役所まで約1時間のウオーキングをおこなったのですが、私は、会場をあとにして地元のあいさつ回りのため、南浦和駅へ。
そして、健康フォーラムの参加者全員にもらった歩数計を早速つけて、約1時間40分にわたって、あいさつ回り。
あいさつ回りだけで約4000歩を歩きました。

すべてが終わって、夜、久しぶりにゆっくりと家族と一緒に夕食。
明日から、いよいよ公明新聞の啓蒙と広告取りの戦いです。
しっかり生命力をつけて、挑戦します!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP