ブログ

解散・総選挙へ。他党批判より、日本再建の政策をアピールすることが重要

本日、ついに衆議院が解散されました。
いよいよ総選挙が12月16日におこなわれます。
この総選挙に向けて、民主党からは離党者が相次ぎ、新党に流れています。
こうした新党の結成ブームについて、本日の公明新聞では、「問われる政党の役割」というタイトルで、橋本五郎・読売新聞特別編集委員のインタビュー記事が掲載されていました。

そのなかで、橋本氏は政党の役割について、
「国の大きな方向性を示すことだ。それは、必ずや多くの人々にとって希望あるものでなくてはならない」
と述べています。
また、新党結成ブームについては
「新しい政治をやろうとしているのか、行き場がなく選挙目当てにやっているのか。見ている人はちゃんと見ている。次第に淘汰される。それが今度の衆院選の一つの意味だ」
と厳しく指摘されております。
まさに、その通りだと思います。
既成政党に対する厳しい声については、私たち公明党も真摯に受け止めなければならないと思います。
これまで以上に、公明党の原点である「大衆とともに」という立党精神を強く自覚し、庶民の幸福を実現する政策と実行力を示していかなければなりません。

同時に、公明党のこれまでの「現場第一」という行動と、それを政策に反映してきた姿勢こそが、多くの国民による政治不信を克服し、失われた政治への信頼を回復するために最も必要な点ではないか、と私は思います。
どの政党の議員も「国民のため」とか「国民の生活が第一」というようなことを言います。
そのキャッチフレーズをそのまま政党名にしてしまった党もあります。
しかし、本当に国民一人一人の声を誠実に聞いて、その人のために行動し、結果を出しているのか。
「国民のため」という言葉は、誰でも言いますが、ではどの議員が本当にそのために行動しているのか。
そうした行動は、国会でのテレビ中継の前でおこなう派手なパフォーマンスに比べると、非常に地味で目立ちません。
国民の目には、その姿はなかなか映りにくい。
地味ではあるが、地道にこつこつと日々、国民の声を誠実に聞いて行動しているのは、「大衆とともに」の精神をいつも心に持つ公明党の議員だと自負しております。
だからこそ、自分たち公明党こそが「国民のために働いている」ことを私たちは自ら強くアピールしていかねばならないと思っています。

また、今回の衆院選は、難題が山積する日本の国をどう再建していくのか、その政策と実行力が問われる選挙でもあると思います。
私たちは、低迷する景気を回復するとともに、少子高齢社会によって破綻が予想される社会保障を立て直し、暗い未来を希望のある明るい未来へと変えていく政策をすでに提示しております。
こうした政策プランを国民の皆様にわかりやすくアピールし、理解と共感を得ていかなければなりません。
それが、最初に紹介した橋本氏の言葉の「国の大きな方向性を示すこと」になります。

いずれにしても、決戦の火ぶたは切られました。
戦いは、短期決戦です。
私たちは、言うべきことを言い切り、なすべきことをやり切っていくしかありません。
明日、あさっての土日は、主要駅などで街頭をおこないます。
しっかりと有権者にアピールしてまいりたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP