ブログ

見識が疑われる「さきたま抄」

埼玉新聞の1面には、毎日「さきたま抄」というコラムが掲載されています。
今朝の「さきたま抄」を読んでいたら、安倍政権の緊急経済対策に対する批判として、以下のようなことが書かれていました。

「物が余っている飽食の時代に、借金をさらに増やして経済成長を目指すよりも、低成長時代に合致した幸福を創造する政治こそ今の日本に必要なのではないだろうか」
と。
この筆者は、形而上の理屈(理論ではない)は得意のようだが、形而下(現実)の社会経済のことには、少々疎いようだ。
現在の日本経済は、いうまでもなく需要が供給よりも少ないために、長期的なデフレ不況が続き、マイナス成長に陥っている。
こうしたデフレ経済がこのままいつまでも続いたら、日本の国はにっちもさっちもいかなくなる。
そこからの早期脱却を果たすことが最重要課題なのだ。
そのためには、たとえ借金を増やしてでも、デフレ脱却を目指さなければならない。

そうした現状に対する認識不足のうえに、「飽食の時代に」うんぬんというのは、知ったふうなことを言いながら、わが国の経済状況を巧妙にすりかえた言いぐさです。

新聞の1面のコラムの筆者というのは、もう少し、見識のある人間が担当したほうがよいのではないか、と苦言を呈したい思いになりました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP