ブログ

薬物乱用防止教室を小学校で開催

ライオンズクラブでは、覚せい剤や危険ドラッグなどの薬物を防止するために、小学校6年生を対象に防止教室を全国各地で開催しております。
私たちの浦和西ライオンズクラブでも、本日、桜区にある土合小学校で6年生の児童を対象に薬物乱用防止教室を開催しました。

yakubutu2

覚せい剤や大麻な、危険ドラッグなどの薬物は、「気分がスッキリするから」「お肌によくてやせるから」などと甘い言葉で、青少年に巧みに忍び寄ってきます。
そして、1度でもやってしまったら、強い中毒性によって何度も手を出すようになり、そして、気が付いたら心身がボロボロになり、社会的にも重い刑罰を受けて、人生を台無しにしてしまいます。
その危険性と忍び寄る手口を教えて、将来、薬物の誘惑が忍び寄ってきたときに、毅然と「ダメ。ゼッタイ!」と拒否できる姿勢を身に着けてもらうことが目的です。

子どもたちにもわかりやすい、アニメの映像を見てもらい、そのあと薬物乱用防止教室のベテラン講師の話に、児童たちは飽きることなく引き込まれるように聞いてくれました。
国連でも麻薬撲滅は大きな課題となっており、国でも薬物乱用防止のためのキャラバンカーを用意して、青少年に薬物防止をアピールしており、私たちライオンズクラブでも、その一助となるよう、子どもたちに訴えていきたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP