ブログ

福岡と神戸へ委員会視察で行ってまいりました

昨日から本日の2日間、さいたま市議会の総合政策委員会の調査研究テーマである「自主財源の確保と債権管理対策」について、先進的な取り組みをおこなっている福岡市と神戸市に視察に行ってまいりました。
市税や国民健康保険税、あるいは下水道料金や保育料や、さらには奨学金や母子寡婦貸付金などの返還金は、市の債権であり、これらの滞納対策は市の収入確保のための重要な課題の1つです。
さいたま市だけではなく、どの自治体でもこうした滞納対策に頭を悩ませているのが現状です。
福岡市では債権管理対策条例を設けて、市として全庁的な取り組みをおこなっており、神戸市では総合的な組織を設置して取り組んでおります。
その具体的な取り組みや運用の実態などをうかがいながら、さいたま市のよりよい債権管理対策に結び付けていきたいと思います。

神戸視察

そして、本日の夜は、神戸から帰ってすぐにライオンズクラブの理事会と定例化に出席しました。
西日本では大雨の被害が各地で出ておりましたが、ここさいたま市では、幸いなことに大きな被害はなかったようです。
この雨の影響で、気温もぐっと下がってきました。
秋の訪れが近いのかもしれません。
明日は、南支部の党員研修会で、東京臨海広域防災公園にあるそなエリアに行って、防災体験学習をおこないます。

PAGE TOP