ブログ

生活保護世帯への教育支援

現在、埼玉県では生活保護受給者への総合的自立支援のためのアスポート事業をおこなっております。
これは、教育・就労・住居の3つの側面から、生活保護者に対して、生活保護から抜け出せるように支援していく事業です。
最近の公明新聞でも、この埼玉県のアスポート事業は全国模範の取り組みとして取り上げられて紹介されたことがあります。

そのアスポート事業のなかの「教育支援」というのは、生活保護受給者の子どもに対して、高校進学をサポートするための学習支援をおこなうものです。
「貧困の連鎖」という言葉ありますが、生活保護受給世帯では、満足に塾などに通うことはできません。
そのため、進学が思うようにできずに高校進学を断念して就職し、そして、職を転々としていくうちに正規の社員として就職が難しくなり、年金保険料も払うこともできず、年を取ってからけがや病気などをしてしまって働けなくなると生活保護に頼らざるを得ない、という「貧困の連鎖」が続いていくことがありうるわけです。
その「連鎖」を絶つためには、高校進学を断念することがないよう、生活保護受給世帯の中学生にしっかりと学習支援をおこない、まずは高校に進学することをサポートすることが大切になります。

そうした埼玉県のアスポート事業というのは、本当に素晴らしいものだと思います。
実は私は、大学時代に、塾や家庭教師のアルバイトをいくつもおこないながら、大阪に住む親からは仕送りを一切受けずに東京でアパート暮らしをしながら学生生活を送ってきました。
その塾教師や家庭教師時代には、高校受験生や大学受験生を何人も見ながら、受験生が勉強につまずきやすいところをどうカバーすればよいか、を自分なりに研究して教えてきました。

実際、私は自分の息子や娘が中学や高校の受験勉強をしているときに、偏差値が50以下であっても合格するための勉強術を教えたことがあります。
ただし、そうした経験を生かして、自分が教えよう、という気持ちは今はまったくありません。
そうではなくて、大学生や教育経験者のなかには、ボランティアで子どもたちに勉強を教えたい、という意欲のある人間が少なくない、ということを知っているので、そうした人間を活用する仕組みを作りたいと思っております。

そこで、私は決意をしました。
埼玉県がおこなっているアスポート事業の「教育支援」を、わがさいたま市でもおこなっていきたい、と。
その仕組みを作るために、私はコーディネーターとなって、学習支援のボランティアと生活保護受給世帯の子どもとの「マッチング」をおこなう事業を起こしていきたい。
そのような決意を固めております。
このことを妻に語ったところ、「あんた、議員をやりながら、そんな時間があると思ってんの!」と反対されるかと思いきや、賛成してくれました。

いずれそれが具体化し、実現したときには、本欄で改めてご報告したいと思っております。
道のりは険しいと覚悟しておりますが……

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP