ブログ

生きてりゃいいさ――by加藤登紀子

昨日のNHKの「SONGS――加藤登紀子」という番組を録画していたのを、今日、みました。
加藤登紀子といえば、大学紛争のさなかに、東京大学の学生であると同時に歌手として活躍。
そして、学生紛争のリーダーと獄中結婚。
混沌とした時代のさなかで、シンガーソング・ライターとして活躍しました。

私も、大学時代に「生きてりゃいいさ」や「愛する人があるのなら」などの歌を好んで歌っていました。
もちろん、「知床旅情」や「この空を飛べたら」も。

そうした学生時代を思い出しながら、懐かしい気持ちにひたりました。
加藤登紀子の歌と人生をたどった番組をみながら、いろいろと人生を考えるひとときでもありました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP