ブログ

決算・行政評価委員会が始まりました

本日から、さいたま市議会の決算・行政評価委員会が始まりました。
私も、同委員会に所属しており、文教委員会と市民生活委員会関係の決算項目について質問することになっております。
決算・行政評価委員会での初めての質問なので、戸惑いが大きいのが正直なところです。
しかしそうはいってられませんので、まずは、決算資料に目を通しながら、1つ1つの事業についての決算内容を丹念にチェックしていきました。
分厚い資料に書かれている細かい数字を、1時間、2時間、3時間と見ていくと、目がくらくらしてきます。
これに耐えて、市民の代表として、市の事業をきちんとチェックしなければなりません。

ともかく、1つ1つの事業の決算の数字を見ながら、改めて、さいたま市の行政が、さまざまな分野でさまざまな事業をおこなっていることを知りました。
そして、それらの事業に使われたお金が、有効に効率的にむだなく使われたのかどうかを、資料から読み取っていき、そして不明点を質問で糾していかねばなりません。
数字には弱い、とはいってられません。
しっかりと責任を果たしてまいりたいと思います。

また、夜には、公明党の党員登録に参加させていただきました。
もちろん、議員も党員登録をおこない、同じように3000円の党費も納めますが、それは当然のことです。
世の中は不景気で経済的に大変な方がたくさんおられます。そのなかで、3000円の党費を納入して公明党員として登録していただくのは、本当にありがたいことです。
感謝の思いでいっぱいになります。
公明党は、こうした党員の皆様の党費と、そして議員が毎月納める党費によって、その財政基盤が支えられています。
公明党を支える党員になっていただいた皆様に対して、その御恩に報いるためにも、議員として、もっともっと頑張ってまいりたいと強く思っております。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP