ブログ

桜環境センター(新クリーンセンター)の落成式

本日は、さいたま市の新しいクリーンセンターである「桜環境センター」の落成式がおこなわれました。
これは、桜区新開の荒川に近いところに完成したもので、最新の技術を取り入れた非常に素晴らしいクリーンセンターです。

落成式1

ここでは、燃えるごみを「燃やす」のではなく、「シャフト炉式ガス化溶融炉」によって溶かします。

桜環境センター1

そして、溶かされたごみは、「ガス」と「残渣」に分かれます。
「ガス」は発電に使われて同センターの動力源となり、さらに余った熱は「余熱体験施設」にまわされて、大浴場や温水プールなどの動力源となります。
「残渣」は「スラグ」と「メタル」にわかれ、「スラグ」は土やインターロッキングなどの材料として「資源化」されます。

桜環境センター2

そして、「メタル」は文字通りメタルという資源になります。
こうして、ごみを溶かして発生するガスと残渣は有効に再利用されるわけです。
ごみを燃やした場合には、灰が残り、これを埋立地などに埋めて処理しなければなりませんが、その必要がないのです。

また、「燃えないゴミ」は、細かく破砕したあと、鉄とアルミと残渣にわけられます。
鉄とアルミは資源として再利用します。
残渣は「燃えるごみ」として、前述の「シャフト炉式ガス化溶融炉」に送られ、溶かされて、前述のコースをたどります。

そして、私が目を見張ったのは「余熱体験施設」です。
ここには、大浴場や温水プール(泳ぐのは禁止、歩行のみ)などがあるのですが、それぞれの施設が素晴らしいのです。

大浴場
大浴場

露天風呂
露天風呂

高温サウナ
高温サウナ

中温サウナ
中温サウナ

ミストサウナ
ミストサウナ

岩盤浴
岩盤浴

2つある露天風呂のうちの1つは、晴れていたら富士山を眺めることができるそうです(男女の風呂は1週間ごとに入れ替わる)。
また、岩盤浴は別料金で300円が必要ですが、大浴場はさいたま市民であれば大人710円、小中学生は300円、さらに60歳以上の市民はなんと100円! で利用できます(ただしタオルは別途レンタル料が必要)。
また、トレーニングルームや娯楽室(カラオケルーム)などもあり、マッサージチェア以外は、大浴場の利用料だけで利用できるのです。
レストランでは生ビールなどの酒類ももちろん、販売されます(*^^)v
ただし、車を運転してくる場合は、飲酒運転になるから飲めません(当然ですね)。

トレーニングルーム
トレーニングルーム

マッサージチェア
マッサージチェア

娯楽室(カラオケ)
娯楽室(カラオケルーム)

大広間
大広間

そのほか、会議室や集会室などもあり、コミュニティセンターのような施設として活用することも可能です。

会議室

私の自宅から自転車で10分ほどの距離にあるので、これからさまざまな形で利用できると思うと楽しみです。
オープンは4月1日から。選挙が終わったら、ぜひ行きたいと思っております(*^^)v

PAGE TOP