ブログ

本日、災害用伝言ダイヤルを体験できます

大地震などの大災害が発生したとき、通常の電話回線はつながりにくくなります。
そういうときのために、NTTでは「災害用伝言ダイヤル」が被災地では利用できるようになっています。
そして、被災地以外では利用できないようになっているのですが、毎月1日と15日は、この災害用伝言ダイヤルを体験できるようになっています。
本日はその15日にあたるので、災害用伝言ダイヤルを体験できる日となっています。

昨年の3月11日の東日本大震災が発生したとき、1日中、携帯電話も固定電話もほとんどつながらず、携帯電話のメールもなかなか届かず、家族や友人との連絡をとることがに困難が生じました。
その際、テレビや新聞などではさかんに「災害用伝言ダイヤル」のことが紹介されていましたが、実際にこの災害用伝言ダイヤルを利用したのは、当然のことながら、被災地に住む人か、被災地に家族などのいる人がほとんどであり、それ以外の人はあまり利用しなかったと思います。
また、実際に被災地に住んでいる人であっても、災害用伝言ダイヤルの利用方法を知らなかった人もいるのではないか、と思います。
しかし、災害用伝言ダイヤルは大変便利なものですので、大災害が発生して通常の電話がつながらなくなった場合、利用価値は大変に高いものがあります。

私も、本日早速利用してみました。
171に電話すると、「伝言を登録する」「伝言を確認する」「暗証番号をつかった伝言を登録する」「暗証番号を使った伝言を確認する」の4つ利用方法について、自動音声でたずねられます。
暗証番号をつかった利用方法は、秘密にしなければならない伝言する必要がある場合に必要だと思いますが、通常は、単に「伝言を登録する」「伝言を確認する」のどちらかを選べばよいと思います。
あとは、自宅の電話番号を入力して、音声を30秒以内に登録(録音)するか、あるいは音声を確認(聞く)するか、を選べばよいのです。

一度、家族で体験利用し、いざとなったらこの災害用伝言ダイヤルを利用することを話し合っておけば、仕事や学校で家族があちこちに分散しているときに大災害に遭遇しても、お互いの連絡がほぼ確実に取り合うことができるので、安心感が違うと思います。
ぜひ、災害用伝言ダイヤルの体験利用をおすすめいたします。

また、災害用伝言ダイヤルのほかに、「災害用伝言板」というものもあります。
これは、通常の携帯電話のメールが届きにくい場合であっても、特別なシステムを通して、あらかじめ登録した5人の相手に、100字以内の伝言をメールで配信できるシステムです。
自宅などに固定電話を契約していない人の場合、災害用伝言ダイヤルが利用できないので、その場合は、携帯電話を使って災害用伝言板を利用するとよいと思います。
また、固定電話を持っている人であっても、災害用伝言板を使えば、伝えたい情報を瞬時にメールで伝えられるので、やはり便利です(前述したとおり、大災害時には携帯のメールも届きにくくなるので)。
この体験利用は、3月1日〜3月31日までできることになっているようですので、こちらの体験利用もおすすめいたします。
(ただし、設定・利用方法が、いくつかの段階を踏んでいかなければならないので、機械に弱い人には不向きかもしれません)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP