ブログ

朝の満員電車の混雑問題を考える

昨日は、久々に朝の通勤時間帯に埼京線に乗って出かけました。
サラリーマン時代は満員電車に乗って出勤するのが当たり前でしたが、さいたま市は人口が増加していることもあり、ますます混雑が激しくなっているように思いました。
この朝の通勤電車の混雑の問題については、政治が解決策がとることはきわめて難しいため、民間企業の努力にゆだねるしかありません。
しかし、その民間会社のほうも、時差出勤を認めるなどの方策をとる会社が少なく、この問題はなかなか手を付けられていないのが現状です。

電車会社としても、朝の通勤時間帯の本数をかなり増やしており、埼京線の場合は5分に1本ぐらい発車しております。
これ以上、本数を増やすのは、かなり難しいと思われます。

そこで、微力ながら、少しでもこの問題について、解決は無理としても緩和させることができないか、と考えていきたいと思っております。
私自身は、サラリーマン時代には、満員電車を避ける努力として、早朝に出勤するなどをしていたこともありました。
ただし、そのためには前日の夜に早めに就寝できないと難しいので、毎日早朝出勤する、というわけにはいきませんでした。
また、私の勤めていた会社では、時差出勤は認められていなかったので、混雑時間帯よりもあとの時間に乗る、ということもできませんでした。

実は、私がサラリーマン時代のある日、出張で大宮駅から新幹線で出かける、というときに、少し早目にでかけて、埼京線の武蔵浦和駅の上り線の混雑ぶりを、下り線のホームから30分ほど眺めていたことがありました。
そのとき、気が付いたことがありました。


それは、ドアからあふれるほど混雑している電車の次に来る電車は、比較的混雑度が少ない、ということです。
もちろん、そういう混雑度が少ない電車であっても、赤羽から先では、ぎゅうぎゅうの満員になってしまうので、たいして大差ないのですが。
ただ、目の前に来た電車にあわてて飛び乗ろうとして、ドアからはみ出るほどぎゅうぎゅうの車両に、無理に体をこじ入れて乗る人たちを眺めながら、私は思ったものです。
「無理してこの電車に乗るよりも、次の車両に乗ったほうが、少しは混雑を避けることができるのになあ」と。

話題は、少し変わりますが、私はサラリーマン時代に、しばしば出張で新幹線に乗ることがありました。
特に、東京駅から関西方面に行くことが多く、たいていの場合は、指定席に乗るのですが、たまに自由席に乗っていくことがありました。
その自由席に、発車ベルぎりぎりで飛び乗ってきて、満員の自由席で名古屋駅まで約2時間もの間、ずっと立ち続けている人をたまに見ることがありました(たいていの場合、名古屋駅では多くの人が降りるので、それまで立っていた人も座れます)。
私の場合、大阪で降りるときは、眠って乗り過ごしてしまうことを避けるため(ときどき、岡山とか広島まで乗り過ごしてしまったことがあるので)、必ず新大阪止まりに乗ります。
その新大阪止まりの新幹線の自由席に、あわてて飛び乗って、ずっと2時間も立ちっぱなしでいる姿を見るたびに、私は思ったものです。

「東京駅は、ターミナル駅だから、自由席は2本ぐらい待って乗ればどんなに混んでいても必ず座れる。混雑していない時期だったら、1本待てば座れる。東京駅から朝、発車する新幹線は5、6分に1本程度ある。だから、5,6分待てば、2時間座れるはずだ。なのに、その5,6分を待てずに、2時間も立ちっぱなしで乗るのはなぜだろう? しかも、この新大阪止まりの新幹線ではなくてもいいはずだ。広島とか博多行きの新幹線でもかまわないはずなのに…」と。

また、電車が事故などによってしばらく止まってしまい、そのあと再び動き始めたとき、最初の電車は超満員状態になっています。
しかし、そのあと2本ぐらい見送ってから乗れば、比較的すいていることがたびたびありました。
朝の通勤時間帯の超満員の電車の話とは、少し違いますが、しかし、朝の混雑時間帯とはいえ、すべての電車が同じように超満員で混雑しているわけではない、という事実は指摘しておきたいと思います。
そのうえで、この混雑を解決するというよりも緩和するために、どういうことが考えられるのかを、別の稿で改めて論じたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP