ブログ

文教委員会で議案外質問をしました

本日は、文教委員会があり、議案に対する討論・採決のあと、議案外質問がおこなわれました。
私は、1.特別支援学校の児童・生徒に対する教科書貸与について、2.夏の暑さ対策、冬の乾燥対策について、の2項目について、質問をおこないました。
1番目の特別支援学校の児童・生徒に対する教科書貸与の問題とは、特別支援学校に通っている児童・生徒が、自分の住む地元の小中学校に、「交流および共同学習」で授業を受ける場合、教科書を貸与する制度がないのですが、それに対して、希望する場合には、予習・復讐が可能となるように、教科書を貸与することが可能かどうかを質したものです。

さいたま市の議会における質問なので、基本的には、さいたま市における特別支援学校の児童・生徒についての答弁でしたが、私の再質問で、さいたま市に在住しながら、さいたま市以外の県立特別支援学校に通う児童・生徒に対する教科書は貸与できるのかどうか、と質問しました。
それに対する答えは、あいまいなものでした。
いわく「担任の教師が所有する、予備の教科書を、交流および共同学習の児童・生徒に貸与することができる」というものです。
しかし、それでは、その授業のときだけの貸与になってしまいます。
そうではなく、1年間とか、あるいは1学期の間とか、長期にわたって、予習や復習もできるように貸与できないか、と聞いたところ、
「教科書は、1冊300円〜500円で購入できます」という答弁でした。
これでは、問題のすりかえです。
しかし、現在の法令のもとでは、そういう答弁しかできない、ということなのかもしれません。

議会が終わってから、市民相談で約束している方とお会いし、2時間ぐらいお話しをうかがいました。
そして、再び状況を報告していただくことを約束し、夜は、地元の中学校の後援会の総会に出席いたしました。

今日は、それほど時間に追われるほど忙しかったわけではありませんが、疲労がたまって、眠い。
早く寝て、明日に備えたいと思います。
寝酒をひっかけながら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP