ブログ

市民の要望をはばむ行政のルールを変えるために

先日、お会いした市民の方からカーブミラーと、別の市民の方からは信号の設置の要望を受けました。
ところが、それぞれ行政の窓口で確認したところ、それぞれ実現は困難との返事でした。
まず、カーブミラーのほうは、道路と道路がぶつかるところでなければ設置できません。
ところが、市民の方が要望された場所は、遊歩道から道路にぶつかる場所だったのです。
その道路は、遊歩道とぶつかる手前がカーブしていて車が見えにくく、しかもスピードをあげて走ってくるので、道路を横断しようとすると猛スピードで走ってくる車にはねられそうになることがしばしばあるそうです。
そのために、歩行者や自転車が道路を安全に横断できるように、車が走ってくるのを確認しやすいようにカーブミラーをつけてほしい、というわけです。
しかし、前述のとおり、カーブミラーは車のために設置することになっているため、歩行者や自転車のために設置することはできないことになっている。
そこで、市民の方に正直にそのことを伝え、カーブミラーの設置以外の方法で、安全を強化する手段を検討していくことを約束しました。

次に、信号設置の要望についてですが、やはり車が左右両方向から猛スピードで走り抜けていく場所があるのですが、そこも、通常の交差点ではなく、遊歩道と車道との交差点だったのです。
信号を設置するのは、車道と車道がぶつかる場所でなければならないため、そこに信号を設置することはできないことになっております。
そこで、信号以外の方法で、安全に横断できるようにする方法を考えるしかありません。
すでにそこには、横断歩道があるので、それ以外の方法を考えなければなりません。
実際には、車は歩行者が待っていても自主的に止まってくれる車は、なかなかありません。
まして、朝夕の通勤時は車が両方向から走ってくるので、一方の車の流れが途切れても、もう一方から車がやってくるので、なかなか横断できません。
また、その地域周辺には高齢者の方が多く、猛スピードで走ってくる車に気を付けて道路を横断するのは、かなり危険な場面が想定されます。
本当は、信号を設置するのが一番の安全対策となるはずです。
しかし、行政は法令を犯すことはできませんから、信号設置は現状では不可能なのです。

この2つのケースを通して、市民の要望に合致したルールに変えていくことも考えなければならないのかもしれません。
それは、国レベルの問題になってしまいますが、全国にも同じようなケースがあると考えられるので、誰かが取り組まねばならないと感じます。
どうすればそれが実現できるのか、法令の変更が可能となるように普遍性のある形を考えていきたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP