ブログ

大宮・氷川の杜で筝の演奏会に参加

昨日は、市民相談やあいさつ回りの合間を縫って、大宮の氷川神社の近くにある「氷川の杜文化館」で、日本のみならず世界各地でも琴の演奏活動をされている中島美登里さんの「秋の調べ 百人一首の世界“風”」という演奏会に参加いたしました。
氷川の杜文化館は、和式の建物で庭園は竹林となっており、風情のあるさいたま市の公共施設です。

氷川の杜文化館1

文化館2

琴の音色というのは、正月の音楽というイメージが私の中にはあったのですが、最近は、一流の琴の演奏に触れると心が癒される思いがしており、前回に初めて演奏会を鑑賞したのに続いて、2度目となりました。
演奏会では、琴だけではなく埼玉県の元教育長を務められた竹内克好氏が琴と一緒にハーモニカを合奏されるひとこまもあり、幅の広い演奏会でした。
音楽や文化・芸術を楽しむ心というのは、日常の生活のなかではなかなか持てないものですが、だからこそ、意識してそういう機会を持つようにしたい、と思います。
ちなみに、中島さんも竹内さんも私の住むさいたま市南区の方です(^o^)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP