ブログ

台風接近で大雨のための浸水被害に注意

本日は、台風18号が日本列島に接近しているため、さいたま市でも夜から朝にかけて強い雨が降り、各地で水路から水があふれたり、住宅に浸水したりするという状況が起こりました。
そのため、私も朝から南区各地を回って、浸水被害を受けたお宅や、あるいは浸水被害の危険のあるお宅を訪問し、状況を確認。
朝10時頃には小雨になり、水もひいたために大事には至りませんでしたが、これから明日にかけて関東に接近したとき、再び浸水被害が予想されるので、その場合には土のうを持ってきてもらうように依頼できる役所の担当部署の電話番号を伝えました。
(下の写真は、道路が冠水し、さらにマンホールから水があふれている様子)

マンホールから水

午後には、それまでの雨がうそのようにやんで、晴天となり、やや猛暑となるなかで、地元の地域の敬老会が開催されました。
第1部の式典のあと、第2部のアトラクションでは、手品や南京玉簾、踊りのほかに、地域の伝統芸能である内谷太鼓が披露されました。

敬老会1

内谷太鼓

明日の朝は、今朝以上に浸水被害が各地で多発するかもしれず、いつでも駆けつけられるようにスタンバイ状態で備えておきたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP