ブログ

参議院会館で農政新時代・政治学習会に参加

国会では、4月5日からTPPに関する委員会が始まり、そこで、我が国のTPPへの各種対策について審議がされることになります。
このTPPでは、経済のさまざまな分野に大きな影響を受けますが、そのなかでも大きな関心を引いているのが、農業への影響と対策です。
これは、国会での議論にとどまらず、すべての国民も問題を正確に理解して、どうあるべきかを考えていかねばならない問題であり、有権者と最も身近に接する私たち地方議員にとっても、重要な問題です。
そこで、公明党では、国会議員の協力によって、本日、農林水産省のTPP対策のエキスパートの職員を講師に招いた勉強会が開催され、私たち公明党埼玉県本部の参加希望者が集いました。

農政新時代

マスコミの報道は、日本の農業が大きなダメージを受けるのではないか、というマイナス面ばかりを強調しますが、しかし、このTPPによる影響を受けないものや、TPPによるマイナスの影響の対策をどうするか、なども含めた総合的な観点からの議論は乏しいたきらいがあります。
さらに、我が国が抱える農業の課題や問題点についても、こうした勉強会によって改めて認識することができ、私たち地方議員にとっても大変に有意義なものでした。
ただ、かなり専門的な内容だったため、すべてを理解できたわけではありませんが…

ともかく、重要な国政の問題に対して、そのたびに地方議員のためにこうした勉強会の場を作ってきちんと問題の理解を図っているのが公明党です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP