ブログ

住民同士で意見が分かれること

以前、ある方から「公園にトイレを設置してほしい」という要望をいただきました。
そこで、公園にトイレを設置するにはどうすればいいか、いろいろと役所の担当に聞いたり、先輩議員に聞いたりして、調べました。

ある先輩いわく、「公園にトイレを設置すると、その管理をどうするのか、場合によっては地元の自治会が掃除したり管理することになって負担になってしまうことがある。それに、トイレに連れ込まれて犯罪が起こる危険性もある。だから、トイレは作らないほうがいい。現に、最近作られている新しい公園はすべてトイレは設置していない」と。

また、ある人いわく、「公園にトイレをつくると、そのトイレを目指して、外部の人がわざわざそのトイレのために公園にくることもある。夏になると、夜、中学生や高校生が公園にたむろするが、トイレがあると、そういう中学生や高校生がよけいにたむろしやすくなる」と。

つまり、公園にトイレを設置するのは、あまりよろしくない、という意見の人が多いことがわかった。
ただ、トイレをつくってほしい、と言ってきた方は、公園でゲートボールが毎週3日ぐらいおこなわれているが、そのゲートボールをしている男性のなかで、おしっこを公園の周辺でやってしまっう人がいる、というのだ。
そこで、トイレを設置してあげれば、そういうみっともないこともなくなるに違いない、という理由で、トイレ設置を要望をしたようだ。

結局、役所の担当者が言うのには「トイレを設置している公園もありますから、絶対にトイレを作らないわけではありません。ただし、公園周辺住民の方の賛成があつまり、その地域の自治会からの要望という形で出していただかないと、トイレ設置へと具体的に動いていくことはありません」とのことでした。

確かに、地域住民の声を聞かないといけないのは、その通りです。そこで、私は地域の方たちの聞き取り調査を始めました。


そうしているうちに、賛成する方と反対する方に分かれていることがわかりました。

そして、実際に要望を出すときには、その地域の自治会長の名前で要望書を提出していただくことになるので、肝心要の自治会長さんに意見を聞きました。
すると、自治会長いわく「以前にも、その公園にトイレを設置してほしい、という声があったが、強力に反対する人がいて、実現しなかった。だから、そういう反対がなくて、全員が賛成ならば、私も協力します」とのことでした。

これらの結果をまとめあげるまで、2週間以上の日にちを要したのですが、そうした結果を最初に要望された方に伝えました。
すると
「では、ほかのベテランの議員に頼んでみます」とのこと。

なぜか、とてもホッとしました。

PAGE TOP