ブログ

久々に党の地区委員会を開催

本日は、私の所属する浦和西ライオンズクラブが日本赤十字社の協力により、献血運動を浦和駅西口でおこないました。
私もメンバーとして、献血を呼び掛けるとともに、自分自身も400ミリリットルの献血をおこないました。
400ミリリットルもの自分の血を見ると、「こんなにたくさんの血液が自分の体から出たんだなー」と、不思議な気分になります。
幸い、日本赤十字の看護師の方から「きれいな血液ですね」と言われ、普段、不摂生をしている自分の血が本当にきれいなのだろうか?とやや疑問に思いつつ、少しほっとしました(^o^)

その後、夜の地区委員会のための資料を作成・コピーしました。
地区委員会では、毎回、公明党の政策について学ぶために、国政やさいたま市のさまざまな政策を題材にして、資料を作り、説明をおこなっています。
今回は、アレルギー疾患対策基本法が通常国会で4年越しで成立したことの意義や、防災対策について災害対策基本法の改正ポイント、さらに、昨今の地球温暖化による異常気象によって、かつて想像もできなかったような災害が今後は起こりうることを想定しながら、それに対する備えをどう考えていくべきか、などについてお話をさせていただきました。
6月以来、久々の開催となりましたが、党の地区委員会は党活動の基本です。

地区委員会

来年の統一地方選挙まであとちょうど200日(4月12日が投票日の場合)。
議員率先の戦いで、突破口を開いていきたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP