ブログ

中学校の体育祭に参加、そして市民相談へ

今週はさいたま市議会の本会議および常任委員会がありました。
来週は、その常任委員会で議案外質問をおこなうため、質問原稿をこの連休中に仕上げねばなりません。

ということは置いておいて、本日は地元の中学校の体育祭を、来賓として観覧させていただきました。
中学生ともなると、当たり前のことですが、体の成長も著しく、運動能力も非常に高いレベルまで上がっているので、競技の1つ1つに迫力があり、午前の最初から最後までずっと見させてていただきました。
特に団体競技は、それぞれのクラスの団結力が表れて、とても興味深く見ました。

田島中学体育祭

上の写真は、3年生の大縄跳びです。
これは、縄を回す者と飛ぶ者と、全員のリズムが一致しなければ、連続でたくさんの回数を飛ぶことができません。
それだけに、体力と精神力が高いレベルまで鍛えられていることと同時に、全員が一緒にがんばろう、という団結力が表れます。
まさに、一人一人の心の状態がどれだけ集中しているかが、競技結果にそのまま表れるので、非常に興味深く見させていただきました。

午後は、要望のあった道路整備のために、私有地の一部が道路にはみ出ている地権者のところへ訪問し、その土地を市に寄付してもらえれば道路をきれいに整備できるので、協力してほしい、という相談をしました。
そのあとも、さまざまな内容の相談についてうかがいながら、行政にできることをアドバイスしたりしてまいりました。

ところで、先週おこなわれたフジサンケイクラシックの録画を見たのですが、松山英樹が今シーズン3度目の優勝をプレーオフで飾りました。
最終日の松山選手の調子は、決してよくはなかったし、18番ホールで入れれば優勝という1メートルちょっとのバーディーチャンスを逃してプレーオフになったときは、松山の優勝は難しいな、と感じておりました。
しかし、プレーオフの最後のホールで、バンカーから起死回生のナイスショットを放ってピンそばにつけ、それを見事にカップに沈めて優勝しました。
強い人間は、運を見方にしながらも、やはり肝心なところで実力を発揮できるのが、本当に強い人間なんだな、と感心した次第です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP