ブログ

中学校で薬物乱用防止教室を開催

本日の午後、さいたま市の中学校で薬物乱用防止教室を開催しました。
薬物乱用の魔の手は、インターネット売買の普及によって、誰でも簡単に入手できるようになっています。
しかし、違法な薬物は一度でも使用してしまうと、人体、特に脳を破壊してしまいます。
また、違法な薬物はたとえ使用しなくても、売買したり、あるいは友人から頼まれて預かっただけでも、犯罪になります。
そうした薬物の恐ろしさとともに、未成年にとっては、たばこやお酒を摂取することも「薬物乱用」であり、人体に重大な悪影響を与えることを訴えました。

薬物乱用1
薬物乱用2

厚生労働省や文部科学省、警察庁は、こうした薬物乱用防止キャンペーンを全国的に展開しており、その防止教室を開催を私たちライオンズクラブにも委託しております。
これまでも、そしてこれからも薬物乱用防止教室を可能な限り、開催していきたいと思っております。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP