ブログ

上尾かしの木特別支援学校と自衛隊大宮駐屯地の視察

本日の午前中は、埼玉県立の上尾かしの木特別支援学校に、公明党の県会議員である萩原一寿議員と公明党さいたま市議団のメンバーとともに視察をおこないました。
このかしの木特別支援学校は、上尾市にあるのですが、小学部、中学部、高等部のいずれも、さいたま市の児童生徒が大半(70%以上)であり、その意味では、県立とはいえ、さいたま市にとっても重要な施設です。

かしの木1

かしの木2

この学校は、元は上尾東高校の跡地に建設されたもので、知的障害の児童生徒を対象とする特別支援学校であり、敷地や施設の充実度はほかの特別支援学校のなかでも群を抜いています。
そして、それ以上に校長をはじめとする職員の先生方の情熱、エネルギーも大変に素晴らしく、行政としてもできる限り支援をしていきたい、と思いました。

午後は、自衛隊の大宮駐屯地に行ってまいりました。

自衛隊1

自衛隊2

自衛隊3

日本各地にある自衛隊の化学学校の1つがここにもあり、昨年の東日本大震災における福島原発事故の際にも、決死の働きをして日本の危機を救ってくれました。
化学防護車や化学防護服などの説明もあり、わが国が化学兵器や生物兵器、さらに核物質で襲撃された場合には、その防護のための働きをしてくれるところです。
わが身の危険よりも国を守ることを優先するという、重要な使命を担う自衛隊の使命の大きさを改めて認識する機会となりました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP