ブログ

一般質問の原稿の半分が完成しました

さいたま市議会の6月定例会が先週から始まり、今週は一般質問があります。
今回の一般質問では、待機児童問題と介護行政について取り上げることになり、それらの問題について先週まで、各施設の現場の声を聞いたり、資料を調べたり、さまざまな調査をおこなってまいりました。

議員になって2年が過ぎ、ようやく議会活動にも少し慣れてきたところであり、今回の質問はいままでの質問よりも力を入れておこないたいと思っています。
そこで質問原稿も、できるだけ早めに書こうと思い、土日に資料も自宅に持ち帰って準備だけはしてました。
しかし、土曜日は訪問活動やさまざまな活動の疲れもあって、脳が働きたくない、とストを起こしたため、書くことを断念し、寝酒を飲んで寝てしまいました(^_^.)
そして本日の日曜日は(というより、日付は変わって月曜日ですが)、午前と午後の訪問活動を終えて、夕食も食べてから、ようやく原稿作成を始めました。

これまで出版社で働いていたころは、「締切ギリギリで原稿を仕上げるのがプロというものだ」と訳のわからない理屈をこねて、締切前に余裕をもって原稿を書いたことはありませんでした。
その習性が染み付いているため、議員になってからも、質問などの原稿を早めに書くことは体質的に合わない、と諦めておりました。
しかし、今回は少し違います。
私が質問をする日は19日なので、ギリギリだと18日の夜に書きあげればよいのですが、今回は「なんとしても、この問題を取り上げねばならない」という強い使命感のようなものに突き動かされて、書き始めました。
そして、6時間もかけて、質問のうちの半分を書き上げました(まだ、残り半分あるのですが)。
この時間ですから、少し眠ります。
それにしても、朝が早くなったものだ。
午前4時10分で、すでに空は白い。
では、おやすみなさい……(-_-)zzz

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP