ブログ

ライオンズクラブ主催の国際友好小学生絵画展を開催

昨日と本日の2日間にわたり、私の所属する浦和西ライオンズクラブ主催の第21回国際友好小学生絵画展をさいたま市青少年宇宙科学館で開催しました。
今回は新たに高砂小学校にも参加していただき、旧浦和市の小学校12校が参加・協力していただいて開催いたしました。
そして、本日の午後1時30分からは表彰式をおこない、市長賞、教育長賞などの特別賞をはじめとする優秀作品の児童に対して、表彰状と賞品の授与をおこないました。
その表彰式の最後で、私が閉会のあいさつをさせていただきました。

絵画展

絵画展

絵画というのは、心の思いを絵に込めて描くもの、といわれております。
それは、その人にしかない感性の表現方法です。
上手下手は関係ありません。

表現方法が絵画ではなく言葉で表すものは詩や俳句や短歌になります。
また、メロディで表せば音楽になるし、踊りで表せば舞踊になるわけです。
そのように芸術というのは、人間の感性の表現であり、それがひいては文化となるわけです。
その意味で、毎年開催している国際友好小学生絵画展は、重要な文化活動の一助になるものだと思います。
ちなみに、「国際友好」という言葉がついている理由は、浦和西ライオンズクラブと姉妹提携をしているマレーシアのジョージタウンライオンズクラブの子どもたちの絵画も展示していることから付いた名称です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP