ブログ

ソフトボールのウエスタン・リーグ閉会式に初参加

本日は、さいたま市の大人のソフトボールのウエスタン・リーグの閉会式に初めて参加させていただきました。
これまで、ソフトボールの試合前にあいさつをさせていただいたことはありましたが、1年の締めくくりの閉会式に参加したのは初めてです。
閉会式では、来賓として参加した田中良生・衆議院議員をはじめ、県会議員や私も含めて市議会議員などすべての来賓が一言ずつあいさつをおこないました。
そのあと、1年間のリーグ戦の結果、優勝や準優勝のチームにトロフィーが贈られました。

ソフトボール大会

そのあと、自宅のマンションに戻って、理事会有志によるツリーの飾りつけを手伝ったあと、地元自治会による餅つき大会に出席。
自治会長ら地域の皆様方と懇談しながら、つきたてのお餅をいただきました。

そのあと、議会の質問の資料などを整理・熟読したりしたあと、今年最後のLPGAチャンピオンシップ・リコーカップをテレビ観戦しました。
女子の賞金女王は、森田理香子プロか横峰さくらプロのどちらかに決定する試合であり、大変注目しておりましたが、同時に大山志保プロが久しぶりに地元・宮崎県の大会で優勝を飾れるかどうかも見どころの1つでした。
結果は、森田理香子プロが初の賞金女王に輝き、優勝は大山志保プロが念願の優勝を飾りました。
ゴルフというのは、ある意味で人生に似ています。
いい時もあれば悪い時もある。
そして、常に自分との戦いです。
結果がよくても悪くても、常に冷静に次のホールに向かってベストを尽くすことが求められますが、しかし、どうしても過去のホールに引きずられて、メンタル・コントロールが非常に難しい。

人生も同じだと思います。
たった一日の生活のなかあっても、調子がいいときも悪い時もあり、刻々と生命は変化していきます。疲れてしまってどうしようもない時もあります。
しかし、それでも常に前へ進んで行かなくてはなりません。
常に「今日より明日へ」の精神で前進していくことが大切だ、ということを改めて深く感じました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP