ブログ

スマホと普通の携帯電話の2台持ち

以前、普通の携帯電話からスマホに乗り換えるべきかどうか、について本欄で述べたことがありました。
そのときの結論は、スマホの電池のもちが悪いことや、機能面で普通の携帯電話に劣る面が多々あることから、もう少しスマホが発展するまで待ったほうがよさそう、ということでした。
実は、私はスマホをYahoo!のオークションで入手し、FOMAカードを差し替えて、スマホがどれぐらい使えるのか使えないのかを試してみました。
その結果、シャープの一部の機種を除いて、スマホの電話としての機能は普通の携帯電話に比べるとまだまだ及ばない、ということを実際に使ってみて体感しました。
しかし、スマホのそうした欠点とは別に、スマホの長所をあげるならば、PCとの連携により、スケジュールをグーグルなどと同期できることによってスケジュール管理がしやすい、ということがあげられます。

かつて私は、シャープのザウルスを使っていたことがありました。ザウルスというのは、いわゆるPDAの1つです。
ただ、ザウルスという恐竜に似た名前のPDAが、恐竜と同じように消えてしまったのは、パソコンとの連携がいまいちだったことと、Wifiを使用することができなかったことによると思います。現に、今は私もザウルスを使っていません。
スマホは、このPDAの機能と、普通の携帯電話に近い機能を併せ持ったものとして、今、急速に売り上げを伸ばしているのだと思います。
そうしたことから考えると、普通の携帯電話からスマホに移行しつつある現在の流れは、きわめて自然の流れであると理解できます。

しかし、携帯電話に近い、といえども、スマホは、まだまだ普通の携帯電話にはかなわない面が多々あります。
たとえば、普通の携帯電話であれば、機械単体で留守録機能がありますが、スマホの場合、シャープ製の一部の機種をのぞいて、それができません。
また、普通の携帯電話であれば、着信履歴と発信履歴を区別して見ることができますが、シャープ製の一部の機種をのぞいて、そういう着信・発信履歴が混在しているのがほとんどです。
さらに、普通の携帯電話では、グループごとにくくることができますが、スマホでは一部の機種をのぞいてそれができないものがたくさんあります。

つまり、スマホの場合、確かにPDAとしてはすぐれているけれども、電話機能として見た場合には、普通の携帯電話でできることができないわけです。
たぶん、いつかはこうした問題をクリアして、スマホでも、普通の携帯電話と同じように電話機能も付加されてくると思いますが、それはまだまだ先のことだと思います。

その意味では、電話として使うことを重視する限りにおいては、普通の携帯電話が一番よい、という結論になります。
そこで私が提案したいのは、スマホを電話としてではなく、まさにPDAとして使うことです。
私は、現在、スマホを持っていますが、FOMAカードはさしてません。つまり、携帯電話としては使ってません。
FOMAカードをさしていなくても、wifi機能を使って、無線LANで通信ができるので、自宅や外出先の無線LAN環境のあるところでは、インターネットやメールが使えます。
つまり、PCとの連携も可能であり、スマホ独自のアプリも使えます。
ですから、通信料金などはまったくかからず(もちろん電話料金もかからず)、使用料は完全にゼロで、スマホをPDAとして使っているわけです。
こうして、普通の携帯電話は電話として使い、スマホをPDAとして利用料ゼロで使う、という2台体制(厳密にはスマホは携帯会社と契約していないので、2台体制とはいえませんが)で使用しております。

現在のところ、これがもっとも料金安上がり(スマホの利用料ゼロですから、スマホの機械代のみということです)ではないか、と思っております。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP