ブログ

まもなく2月定例会が始まります

2月7日から3月16日の会期で、さいたま市議会の2月定例会が開かれます。
2月定例会では、来年度(平成24年度)の予算案を中心に、さまざまな議案審議が予定されており、すでに個々の議員の手元には、分厚い予算案の資料など、全部で10センチは超えるであろう資料の束が配布されております。

こうした資料にすべて目を通すのは困難ですが、しかし、議案の内容については、すべて把握し、賛成か反対かを判断し、そして、疑問があれば質問内容も考えて、定例会に臨まなければなりません。
さらに、議会での一般・代表質問や、あるいは各常任委員会での議案外質問があれば、その質問原稿を作成するための準備も進めなければなりません。
私は、今回は本会議での一般質問はおこないませんが、しかし、文教委員会での議案外質問をおこなうつもりなので、そのためにいろいろと独自に調べたり、あるいは役所の担当の職員に現状をヒアリングしたりしています。

そうした議会活動こそ、議員活動の本分であるので、定例会が始まる前は、結構忙しいものです。
そのうえで、議会のため以外の議員活動があるのです。
昨日も、時間の合間をみて、いくつかの企業をまわり、私の活動リポートである「スマイル通信」の最新号を渡したり、何か要望がないか尋ねてまわりました。
また、市民相談で要望されていた道路の安全対策や公園の遊び場の改善などを現地調査しました。
さらに、昨日の朝も、朝7時から8時過ぎまで、駅頭での宣伝活動をおこないました。

国会議員はテレビ中継されるので、どういうことがおこなわれているのか、国民の目に映りやすいのですが、市会議員はどういう活動をしているのか、なかなか理解されにくいものだと思います。
しかし、地道に動き回るなかで、少しでも市民の方とふれあい、そして、市政向上のための政策を考え、その実現をはかっていくこと――これを続けていくしかありません。
今日と明日の土日も、政策の勉強のための自己研鑽と、街頭宣伝活動に努めてまいります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP