ブログ

さいたま市議会高校生議会が開催されました

本日、さいたま市議会高校生議会が午前10時30分から午後4時過ぎまで開催されました。
これには、さいたま市立の各高校から代表として「高校生議員」が集まり、さいたま市議会の正副議長、各常任委員会の正副委員長のほか、数名の市議会議員も参加して、高校生主体の議会が運営されました。

高校生議会1

高校生議会2

この高校生議会はさいたま市議会の本会議場と常任委員会の部屋を使って、普段のさいたま市議会の運営にのっとって開かれました。
そして、私たち議員が座る席に高校生議員が着席し、各常任委員会の正副委員長は議場前方の執行部の席に着席しました。
最初に、高校生のなかから正副議長を選挙で選ぶところから始まり、そのあと、各委員会に分かれて「いまも未来も住みやすいまち さいたま市を目指して」という共通テーマで高校生による意見交換がされました。

私が参加した文教委員会でも、いじめへの対応のあり方や習熟度別学習、熊本地震など大きな災害に対する高校生としての支援活動などをテーマに活発な議論が交わされ、最後には委員会提出提案としてまとめあげられました。
委員会では、途中、高校生と私たち議員とのフリーディスカッションもあり、「政治家はどういうことをしているのか」とか「高校生がスマホを持つメリット・デメリット」など、自由な会話をする機会もありました。

終了後、参加した高校生のアンケートを見ると、「普段できない経験ができてよかった」「さいたま市のことについて考えるきっかけになった」「政治を今までより身近に感じることができた」「市議会議員がどういうことをしているのかわかった」などとあり、この高校生議会が有意義なものであったことと感じてくれているようです。
6月19日から、18歳選挙権が実施され、7月に予定されている参議院議員選挙では、今回参加した高校生の一部のメンバーも選挙権を行使できるようになります。
その意味では、こうした取り組みは今後もおこなわれるべきだと思いました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP