ブログ

さいたま市の大宮ー浦和美園間で路面電車の導入を提唱

本日の埼玉新聞によれば、「さいたま市の環境と公共交通システム研究会」(トランシス研究会)が、さいたま市内の公共交通機関のあり方に関する概案計画のなかで、市内の交通網について「東西方向のアクセスが脆弱だ」と指摘。
大宮と浦和美園地区を結ぶ次世代型路面電車システム(LRT)の導入を提唱した、と報じておりました。

実は私は、LRTがさいたま市でも実現できれば素晴らしいと考えていたので、この記事を読んで心からうれしくなりました。
かつて私が雑誌の編集長をしていたとき、一時は衰退してしまった路面電車が、その利便性とCO2を出さないという環境面の特性、および低コストという経済性から見直され、全国のいくつかの都市でLRTとして復活を遂げていることに注目し、取材をしたことがありました。
鉄道を敷設するには、莫大なコストがかかるし、もし仮に鉄道をつくっても、利用客が少なくて赤字になったら、取り返しがつかなくなります。
たとえば、埼玉高速鉄道のように。
かといって、バスでは道路の渋滞に影響を受けて、運行の定時制が守られにくい。

そうした欠点を補うことができる公共交通として、路面電車にスポットが当たるようになってきたわけです。
いまや海外からも、LRTに注目し、導入する国が増えてきております。
ところが、肝心の日本国内では、路面電車といえば、かつての路面電車を想像することしかできない人が多いのです。
昔は、道路にはりめぐらされた電線などによって、都市化が進むにつれて邪魔者扱いとなり、消えていきました。
ですから、現代によみがえったLRTについて、その利便性を理解する人はいまだに少ないのです。

路面電車ならば、道路を共用して走ることもできるのは当然ですが、さらに道路がないところであれば、路面電車専用の線路を敷設すればよいのです。
さらに、バスのように交通渋滞に巻き込まれることもほとんどありません。
さらに、バスと同じように駅を作るのが簡単です。
さらに、低床車両の導入によって、お年寄りでも乗り降りが楽にできるので、高齢者にとってもLRTは便利な公共交通なのです。

こうした路面電車が、123万人の人口を抱える大都市であるさいたま市で成功すれば、きっと日本全国からも注目を浴びることになるでしょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP