ブログ

さいたま市の公園や市営プールにおける放射能測定結果が出ました

さいたま市では、市内の公園10施設の空間放射線量の測定を7月7日におこない、その結果が昨日、発表されました。

その結果は、すべての地点・高さにおける空間放射線量は、年間1ミリシーベルトを十分に下回り、自然環境における変動レベルであることが確認されました。
具体的には、各施設において、砂場・芝生広場等・遊具周辺の3つの地点における、地上5cm、50cm、1mの3段階の高さごとに測定がおこなわれました。
市内の公園10施設とは、以下のとおりです。

西区……三橋総合公園
北区……きたまちしましま公園
大宮区……合併記念見沼公園
見沼区……堀崎公園
中央区……与野公園
桜区……桜草公園
浦和区……駒場運動公園
南区……別所沼公園
緑区……さぎ山記念公園
岩槻区……岩槻城址公園

また、市内のすべての市営プールにおける放射性物質の検査は、6月24日に続いて7月1日におこなわれ、その結果、いずれにおいても放射性ヨウ素や放射性セシウムなどの放射性物質は検出されませんでした。市営プールは夏休み前は、7月2日から土日営業がおこなわれており、今後も引き続き毎週、検査がおこなわれます。
昨日の本欄で述べたとおり、学校給食の食材への検査も実施されるよう、しっかりと訴えてまいりたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP