ブログ

うらわ美術館を視察で初めて入館しました

本日は、さいたま市議会の常任委員会2日目。
私の所属する文教委員会では、午前中は議案や請願の審議があり、午後はさいたま市内にあるうらわ美術館を委員会として視察をおこないました。
ちょうど、本日は休館日となるため、この視察が実現したわけです。
旧浦和市時代につくられたうらわ美術館は、パインズホテルのあるセンチュリーシティの3階にあります。
このパインズホテルには何度も来ており、そのたびにうらわ美術館の存在は知っていましたが、今回の視察で初めて入館しました。

この美術館は、かつて画家(美術家?)の多かった旧浦和市の芸術家の作品や、書籍にテーマを絞った展示をおこなっているそうです。
これまでで最も好評を博した展示は、「ぐりとぐら」の展示だったそうです(なるほど)。
そうした美術館の概要についてレクチャーを受けたあと、現在、展示されているオブジェの展示をゆっくりと見学しました。
オブジェというのは、私のような素人から見たら、とてもアートには見えないような造形のものもありますが、見る人が見たら、きっと芸術なんだろうなあ、と思いながら眺めておりました。

このうらわ美術館は、さいたま市にある貴重な美術館の1つです。
せっかくあるのだから、さいたま市の芸術振興にもっと役立てていきたいと思います。

さて、そのあとは衆院選のための活動に奔走し、夜は公明党埼玉県本部で定例の選対会議がありました。
そのあと、公明党さいたま総支部(市議団)での打ち合わせがあり、終わったのは夜9時。
それから夕食を食べて、明日の議会のための準備をしたら、もう12時近くになりました。
16日の投票日まで、あと5日。
このブログを書くのは、これからの5日間では、きっと難しくなるでしょう。
その分、17日以降は、つれづれにまかせてエッセイ的なことを、ゆっくりと書いていきたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP