ブログ

「189」(児童虐待通報)が12月3日から無料に!

これまで児童虐待の通報や相談を24時間受け付ける全国共通ダイヤルの「189」が、昨日の12月3日午前8時30分から、通話料無料となりました。
これまで「189」の通話料は、距離などによって異なりますが、たとえば3分ごとに固定電話では8・5円、携帯電話では90円の通話料がかかっていました。通話料の発生を知らせる音声案内の途中で、通話が途切れることが多く、最近の月平均2万件の電話のうち、実際に児童相談所につながったのが約5000件にとどまっていました。その理由の1つとして、通話料が必要となること知ったために電話を切ったのではないかと見られています。
児童虐待の早期発見・早期対応のために公明党が提案して運用が開始された「189」については、2009年の運用開始時からさまざまな改善がされてきました。まず、開始当時は10桁だったダイヤル番号を覚えやすい番号にするように訴えて2015年7月から現在の3桁に改善。児童相談所につながるまでの音声案内も、最初は平均で70秒かかったのが、30秒に短縮。
そして、2018年7月には政府への緊急提言で「189」を児童虐待通告については無料化の検討を」と提案し、国会質問でも無料化の早期実現を求めてきた結果、ついに無料化が実現したわけです。
なお、児童虐待の通告以外の相談については、「189」ではなく、新たに開設された「0570-783-189」でこれまで通り有料で受け付けることになりました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP