さいたま市議会議員松下そういち
さいたま市議会議員松下そういち トップページ さいたま市議会議員松下そういち 実績 さいたま市議会議員松下そういち ブログ さいたま市議会議員松下そういち 議会質問 さいたま市議会議員松下そういち 政策ビジョン さいたま市議会議員松下そういち スマイル通信
本日は、議会改革推進特別委員会主催によるオープン委員会で、地方議会総合研究所代表の廣瀬和彦氏による講演「議会基本条例を取り巻く現状と課題および今後の展望について」を拝聴いたしました。
私が議員となった最初の年の7年余り前の平成23年、議会改革推進特別委員会に所属しておりました。
その当時、わが会派の顧問だった高橋勝頼さんが委員長であり、私もそのもとで議会改革についてさまざま勉強したことが強く記憶に残っていたこともあり、また、講師の廣瀬和彦氏の著書である「地方議員ハンドブック」を購入して読んだこともあったので、今回の講演は非常に興味深く拝聴しました。

内容としてはまず最初に、北海道の栗山町議会がわが国の地方議会で初めて議会基本条例を制定した平成18年以来、各地の地方議会では議会基本条例を制定する動きが広がりましたが、しかし、議会基本条例を制定することが目的化してしまって、本来の目的である「議会改革」がなおざりにされているきらいがあることを指摘。さいたま市議会も平成21年に議会基本条例を制定しましたが、その後、議会改革の歩みがどうなったかが問われている、ということになります。
そして、議会改革の主要な柱として、議員会討議の実施や市民に対する議会報告(あるいは意見交換会)の実施などについて、それぞれの意義と課題や改善点について、詳細に述べられておりました。

それぞれの内容については、もっともな意見であり、私も7年前に同委員会でおこなった会津若松市などの視察を思い出しながら、さいたま市議会でそれらを実施することの可否などを考えさせられました。
ただ私自身は、議会改革のために議会基本条例の制定が必ずしも必要であるとは思っておりません。
こういうと議会改革に対して消極的なのかと誤解を受ける恐れがありますが、議会改革そのものは常に必要だと思っております。

かつて「政治改革」という言葉が国政の場で盛んに言われたことがありましたが、しかし、今はほとんど聞かれません。
では、政治改革はもう必要がないか、というと決してそんなことはないと思います。
私は、政治改革とは所詮は政治家改革が根本であると思っております。
それと同様に、議会改革ということも、議員自身の絶えざる改革がなければならない、と思っています。

ですから、制度として議会基本条例を作ることや、議員間討議とか議会報告などをおこなうことは、議会の活性化や市民への説明責任を果たすうえで必要条件ではあると思いますが、十分条件ではありません。
そういう制度を作っても、肝心要の議員ひとりひとりが、議会の活性化や市民への説明責任を果たす意思と行動が伴っていなければ、形だけに終わってしまって、市民から議会に対する信頼回復にはなりえないと思うからです。
逆説的にいえば、ひとりひとりの議員が市民の負託にこたえる存在であるならば、議会が市民からの信頼を失うことはありえない、といえます。

ですから、議会改革は議員ひとりひとりがそういう責任を自覚しながら、絶えず市民からの負託にこたえるための行動を貫いていくことに尽きる、と思います。
その意味で、私自身もそういう議員として、市民の厳しい批判の目にさらされながら、それに耐えうる行動を自分に課して日々を送ってまいりたいと思っております。
昨日は、さいたま市議会の本会議やそのあとの常任委員会における議案外質問の要旨説明会などが終わった後、夕食を食べる時間もなく、浦和コミュニティセンターの集会室で開催された「これからの我が国の障がい者福祉政策を学ぶ勉強会」に参加しました。
これは、特定非営利法人おやじリンク主催で定期的に開催されている勉強会であり、今回は、山本博司参議院議員が講師となっておこなわれたものです。
私も、市議会議員として、国の福祉政策の状況を学びたい、という気持ちから、同じさいたま市議会の斉藤健一議員、吉田一志議員、西澤鈴子議員とともに参加しました。
これには、公明党の矢倉かつお参議院議員も加わって、一緒に山本議員の講演に耳を傾けておりました。

勉強会2

講演の後の質疑応答では、私も質問をさせていただき、一つは国における障がい者雇用率の水増し問題にからんで「身体障がい者」がほとんど雇用対象となっていることについて、知的と精神の障がい者に適した職場環境を作って、すべての障がい者の雇用促進を図る取り組みについてうかがいました。
もう一つは、今年4月から、障がい児のための放課後等デイサービスの報酬区分がおこなわれるようになったことに関する質問をおこないました。

勉強会1

私たち市議会議員にとっても、大変に勉強になる内容であり、次の10月には厚労省の役人が講師となって福祉政策の新しい取り組みについて説明がおこなわれるそうなので、次回も参加しようと思っております。
8月7日(火)は、特定非営利法人おやじりんく主催の児童虐待についての勉強会に参加しました。
これには、斉藤健一市議とともに参加し、元児童相談所で勤務した谷中広明氏が児童虐待について児童相談所がどのように取り組んでいるのかを体験に照らしながら講演しました。

勉強会1
勉強会2

この日は午前10時から来年度への予算要望の打ち合わせがあり、午後1時30分からは「さいたま市の環境と公共交通の会」との勉強会があり、そのあとも会議があり、ずっと市議会の建物にこもりっぱなしでした。
そして、夜7時からは、青色パトロール(いわゆる青パト)に同乗して、地元の地域を見回り、そのあとサウスピアにある武蔵浦和コミュニティセンターでの児童虐待の勉強会に参加した次第です。

国においても、公明党が政府に対して、異なる省庁間の連携強化による情報共有や転居にともなう自治体間の情報提供をおこなうよう、強く働きかけております。
それを受けて、さいたま市においても、私たち公明党さいたま市議団として、6月に市に対して児童虐待に対する取り組み強化の要望をおこなったところです。
その内容としては、今年3月に目黒区に起こった5歳の女の子が虐待で死亡した事件を教訓に、児童虐待の事案をかかえた家族が転居した場合に、その事案についての情報が速やかに転居先でも共有されることや、警察・弁護士などの専門家がしっかりとかかわれるように体制の強化することなどを要望しました。

今後も、児童虐待の発生の予防や早期発見、早期対応、早期改善のために、行政の取り組み強化はもとより、学校や幼稚園などの教育機関や警察、地域のさまざまな団体などと児童相談所との連携を強化していく必要があり、そうした課題を学ぶ大変に良い機会となりました。
大阪北部地震によって、高槻市の小学校のブロック塀が倒壊し、児童がその下敷きになって死亡した、という痛ましい事故がありました。
これを受けて、国において全国の自治体に対し、公立のすべての学校の点検をおこなうことが求められることになり、さいたま市でも点検をおこないました。
その結果が昨日、記者発表されました。

ブロック塀1
ブロック塀2
さいたま市には、市立小学校が103校、市立中学校が57校、市立高等学校が4校、さらに特別支援学校が2校あります。
まず、現行の建築基準法に適合しない疑いのあるブロック塀は、それぞれ小学校が56校、中学校が10校、高等学校は0、特別支援学校は1校となっております。
そのうち、劣化や損傷などが生じているブロック塀がある学校は、小学校が25校、中学校が2校、高等学校は0、特別支援学校も0ということでした。
この劣化や損傷が生じているブロック塀については、目視による点検ではただちに倒壊する恐れは認められなかったということですが、今後は、詳細な現地調査をおこない、適切に対応していく予定です。

私たち議員、そして議会としても、ブロック塀だけではなく学校施設における危険個所の点検と迅速な対応を促進してまいりたいと思います。
久しぶりにブログを書きます。
6月定例会が6月6日(水)から29日(金)まで24日間の会期で、現在、開会中ですが、今回の定例会で常任委員会の委員構成が変わり、私は新たに市民生活委員会と予算委員会に所属することになりました。
予算委員会は、これまでにも何度も経験しておりますが、市民生活委員会は初めてです。
市民との窓口となる区役所に関することや、交通安全・防犯対策、自治会などのコミュニティ、消費者行政、環境行政、消防行政、男女共同参画などを扱います。

今回の委員会における議案外質問では、
1.区役所窓口での市民への対応について
2.空き家対策について
3.救急搬送のトリアージ構築について
の3点について、さいたま市の取り組み状況や課題について質問をおこないました。

市民生活委員会質問

また、予算委員会では、今定例会で提出された補正予算議案を審議しました。
その補正予算議案のなかには、公明党さいたま市議会議員団がこれまで提案していた「SNSを活用した相談事業」が今年の8月から9月にかけて、さいたま市の中学・高校生を対象に実施されることになったので、これについて詳細を質問し、確認しました。
また、見沼区にある思い出の里市営霊園に、新たに樹林型合葬式墓地施設を整備することになったので、その内容についても質問で取り上げるなど、市民の皆様に大きな影響を及ぼす事業について、さまざまな質問をおこないました。
その詳細は、私の議員リポートである「スマイル通信」の最新号で詳しく紹介したいと思います。
本日の午後、さいたま市の中学校で薬物乱用防止教室を開催しました。
薬物乱用の魔の手は、インターネット売買の普及によって、誰でも簡単に入手できるようになっています。
しかし、違法な薬物は一度でも使用してしまうと、人体、特に脳を破壊してしまいます。
また、違法な薬物はたとえ使用しなくても、売買したり、あるいは友人から頼まれて預かっただけでも、犯罪になります。
そうした薬物の恐ろしさとともに、未成年にとっては、たばこやお酒を摂取することも「薬物乱用」であり、人体に重大な悪影響を与えることを訴えました。

薬物乱用1
薬物乱用2

厚生労働省や文部科学省、警察庁は、こうした薬物乱用防止キャンペーンを全国的に展開しており、その防止教室を開催を私たちライオンズクラブにも委託しております。
これまでも、そしてこれからも薬物乱用防止教室を可能な限り、開催していきたいと思っております。
さいたま市議会の2月定例会が、2月6日(火)から3月16日(金)まで39日間の会期で始まりました。
昨日の14日は、公明党さいたま市議団から上三信彰団長と私の二人が会派を代表して、代表質問に登壇。
来年度の平成30年度予算要望で取り上げた項目などを中心に、高齢者支援や子育て支援、若者支援などの福祉政策や、交通網の整備、スポーツ環境の整備、文化芸術施策、中小企業支援、教育行政、防災対策など、多岐にわたる内容を二人で分担して質問しました。

代表質問

特に私が取り上げた質問のなかでは、2025年を目途に地域包括ケアシステムの構築を目指して、現状の取り組みの課題をいくつも指摘しながら、具体的な提案を盛り込んだ質問をおこないました。
来週からは、常任委員会に議論の舞台を移して、論戦を続行します。
1月はさまざまな行事や新年会が目白押しでした。
いつのまにか2月に入り、本日は、さいたま市立曲本保育園の建て替えによる落成式がおこなわれました。
これには、地元の自治会の役員の方々をはじめ、清水勇人さいたま市長や、地元・南区の市議会議員をはじめ市議会議長・副議長など多数の市議会議員も参加しておこなわれました。

曲本保育園落成式

新しい曲本保育園は木材を壁に多く使い、いわゆる「木のぬくもり」が感じられます。
また、床暖房が設置されているので、寒い冬でも園児は快適に過ごせそうです。
ともかく、新しい建物は快適な設備がたくさんあるので、本当に素晴らしい施設だ、と感じました。
この建て替えのために仮住まいの建物に入っている子どもたちは、2月13日からこの新しい園舎に移ることになります。
子どもたちの喜びの声が聞こえてきそうです。
今週は、月曜日に各常任委員会が開かれ、私は保健福祉委員会で障がい者の移動助成制度における所得制限の見直しや保育士の処遇改善、妊産婦のための子育て応援メールの導入などについて質問をおこないました。

保健福祉委員会

また、そのほかの曜日には予算員会やさまざまな委員会が開かれ、本日も議会運営委員会の理事会と大都市行財政将来ビジョン特別委員会に出席しました。
12月定例会は、11月29日の初日から12月22日の最終日まで会期が25日間と短いのですが、今週で中盤も終わり来週は終盤を迎えます。
議会としての役割を果たしていけるよう、来週もしっかりと臨みたいと思います。
明日からの土日は地域の行事やあいさつ回りなど、これも濃密な日程となっており、体調を整えながら臨みたいと思います。
本日は、「さいたま市障害者週間市民の集い」が浦和駅東口のパルコ10階にある浦和コミュニティセンターで開催されました。
その最初の式典では、障がい者の体験作文とポスターの優秀賞受賞などがあり、そのあとはマリンバの演奏や浦和学院高等学部吹奏楽部の演奏がおこなわれ、私もじっくりと鑑賞させていただきました。
特に、マリンバの演奏では障がい者の方も演奏に加わっており、その真摯な演奏の姿に感動しました。

障がい者週間

午後からは、西浦和小学校で3つの小学校と田島中学校の4校合同音楽会が開催されました。
毎年恒例の音楽会であり、私も大変楽しみにしている音楽会です。
3校の小学校の金管バンドによる演奏と田島中学校吹奏楽部の演奏は、それぞれ素晴らしい演奏でした。

4校音楽会

特に、田島中学校吹奏楽部の演奏は、世界旅行にいざなうように世界の各地にちなんだ演奏がおこなわれたり、ダンスのパフォーマンスや、なかには「津軽海峡冬景色」を歌っていただく人を急きょ会場から応募して、吹奏楽部が伴奏しながら即席のカラオケをおこなうなど、近年まれにみるユニークなものでした。
そして、最後に毎回「ビリーブ」を歌うのですが、この歌の歌詞がとても素晴らしいので、いつも会場で皆さんと一緒に感動しながら歌わせていただいています。

12月は世間でもさまざまな音楽会が開かれていますが、この4校合同音楽会は「クリスマスの贈り物」のように貴重なひとときとなっており、本当に児童生徒の皆さんには感謝しております。



 |ホームブログ議会質問政策ビジョンスマイル通信
さいたま市議会議員松下そういち