さいたま市議会議員松下そういち
さいたま市議会議員松下そういち トップページ さいたま市議会議員松下そういち 実績マップ さいたま市議会議員松下そういち ブログ さいたま市議会議員松下そういち 議会質問 さいたま市議会議員松下そういち 政策ビジョン さいたま市議会議員松下そういち スマイル通信
昨日の11月29日(水)から、12月22日(金)まで24日間の会期で、さいたま市議会12月定例会が始まりました。
本会議をはじめ、各常任委員会やそのほかの特別委員会も開かれる予定です。
それらのなかで、市民生活に直結する議案や議案外質問など、市民の声を受けて議会に反映させていきたいと思います。
10月31日から11月1日にかけて、神戸市と堺市を武山広道議員、斉藤健一議員とともに訪問しました。
神戸市では、「こうべ子育て応援メール」についてと「奨学金返還支援事業」について、それぞれ担当所管からレクチャーを受け、それぞれの事業の特徴と課題などについて質疑もさせていただきました。

神戸市視察

特に、「こうべ子育て応援メール」については、公明党が重視している子育て支援に関するものであり、神戸市が先進的に実施している事業なので、かなり質疑の時間を多くとっていただき、さまざまな質問をさせていただきました。
これは、妊娠届を提出したときから登録が可能で、妊娠時から生後100日までは毎日、胎児・乳児の成長過程に応じた基本情報をメールで配信。
その後、1歳になるまでは3日に1回、2歳になるまでは1週間に1回、3歳までは月2回の配信となります。
これは妊産婦だけではなく、その夫や両親など家族も配信対象となっているため、夫が乳幼児の成長過程に必要な育児知識を知ることができたり、夫婦で共通の情報をもとに会話のたねになるなど、おおむね好評を博しているとのこと。

さいたま市にも、「さいたま子育てWEB」というページを提供しているので、神戸市のようなメール配信サービスについて聞くと、「さいたま子育てWEBを案内してます」という回答が返ってくるのですが、自分からWEBを見に行くよりも、自動的にメールで配信されるほうがより親切で丁寧であると思います。
さらに、神戸市の担当者に聞くと、利用者の多くは核家族で孤立化しがちな妊産婦が多いため、こうした配信メールは孤立化防止にもつながる効果があるとのこと。
予算なども研究しながら、さいたま市でもこうした事業が実施できるように取り組んでいきたいと思います。

ところで神戸市役所は、30階もの高層ビルであり、そのなかの24階は展望ロビーとして市民に一般開放されています。
神戸市に来るたびに、その展望ロビーから周囲を眺めるのですが、海も山もとてもきれいです。

神戸市

さて、翌11月1日は、堺市役所を訪問し、スクールサポート事業を視察しました。
なかでもスクールロイヤー(学校弁護士)制度は、さいたま市にはない制度であり、ここでもレクチャーのあとたくさんの質疑をさせていただきました。
堺市役所には、今回初めて訪問したのですが、ここにも堺東駅という駅から徒歩1分という、利便性の高いところにあります。
市庁舎は本館と高層館があり、高層館には21階が神戸市のような展望ロビーとなっていて、仁徳天皇陵をはじめとするいくつもの古墳が見えます。
この堺市にある「百舌鳥(もず)・古市古墳群」を、ユネスコの世界文化遺産に登録するよう、つい最近、国内推薦が決定したということなので、数年後にはこの古墳群も世界遺産に登録されているかもしれません。

堺市



 |ホーム実績マップブログ議会質問政策ビジョンスマイル通信
さいたま市議会議員松下そういち